TOP > お役立ち情報一覧 > 人事のお悩み解決 > 採用に関係のある質問ですか?「お父さんは何してるの?」

採用に関係のある質問ですか?「お父さんは何してるの?」

質問内容等は面接などに関わる担当者全員で
事前に十分確認すること

そんな事まで聞くんですか・・?

  • 本人の適正、職務遂行能力を見て面接を行っていますか?

    面接はその人を採用するかどうかを判断するために行うもの。そして、その判断材料に
    なるのは、その人の適性や能力のはずです。家族構成や家族の職業、資産、思想信条
    などは採否において関係のない話であり、面接で質問してはなりません。

    【採用条件としてはいけないこと】
    ①本人の責任に属さない事項 
    ②本人の人権を侵す事項
    ③本人の能力と適正に関係のない事項
  • 育った環境で判断していませんか?

    もし、採用担当者が、安心できる人を採用したいという気持ちからその人の育った環境、思想信条などについて聞き、それを採否を判断する材料にしたいと思っているなら、すぐにその考えを改める必要があります。
    繰り返しになりますが、あくまでも、採否はその人の適性や能力で判断する必要があります。

  • 採用と関係ない事を質問していませんか?

    家族の状況や生活環境は本人の責任ではなく、また、本人の努力では解決できない問題
    であり、これらを採否決定の基準とすることは許されることではありません。
    これ以外に、居住地や本籍地についての質問も、同和関係者や在日韓国・朝鮮人の人たちを排除してしまうことになりかねません。
    質問内容については、差別につながるおそれのある質問をしないよう、面接担当者全員で事前に十分検討しておく必要があります。

法律マメ知識

  • 職業安定法第5 条の4

    「業務の目的の達成に必要な範囲」でのみ情報を収集することができる。
    本人の適性や能力に関係しない情報を収集してはいけません。

「基本的人権を侵すおそれのあるNG質問」

  • ①家族構成や家庭環境
    ②本籍地や居住地
    ③思想信条
  • 職業安定法に基づく厚生労働省の「指針」が定める「収集してはならない個人情報」には下記のものがあります。
■人種、民族、社会的身分、門地、本籍、出生地、その他社会的差別の原因となるおそれのある事項

例/本籍地・出身地、家族状況(学歴、職業、収入等)、生活環境・家庭環境、住宅状況、本人の資産(借入状況)、容姿・スリーサイズ

■思想及び信条

例/思想、宗教、人生観、生活信条、支持政党、購読新聞・雑誌、愛読書、尊敬する人物等

■労働組合への加入状況

例/社会運動に関する情報(労働運動、学生運動、消費者運動等)その他、収集可能な個人情報についても、本人から直接収集し、又は本人の同意を得た上で本人以外の者から収集する等「適法かつ公正な手段」によって収集しなければならないとされています。面接だけでなく、作文のテーマに家庭環境や思想・信条に関わる内容を設定してもいけないので、注意を払いましょう。

ページの先頭へ

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:30〜18:00(土日祝祭日を除く)

メールマガジン登録