• TOP
  • バーテンダー求人

「バーテンダー」の
求人広告を掲載するなら、
リクルートの求人掲載サービス

バーテンダー求人に関する情報をご紹介します。

バーテンダー求人におすすめのサービス

アルバイト・パート採用

  • タウンワーク

    生活圏内で働きたい求職者と店舗様のより良い出会いを実現させる求人メディア

  • フロム・エー ナビ

    日本全国を網羅し、学生・フリーターを中心に幅広い層に利用されている求人メディア

正社員・契約社員採用

  • はたらいく

    「人となり」を知る事で求職者とのジャストフィットを実現させる地域密着型の求人・転職情報サイト

  • タウンワーク社員

    「地元で社員として働きたい読者」と「地元で社員を採用したい企業」をつなぐ求人メディア

  • とらばーゆ

    女性が「次の自分」を見つけ、楽しく働き続けていくことを応援する女性のための転職・求人サイト!

採用動向

バーのスタイルは多様化しており、バーテンダーの求人も増えてきています。
バーテンダーの求人は、応募する年齢として若年の求職者が中心になるため、インターネット上の人材募集サイトへの出稿を基本に、予算に応じて様々な媒体出稿を検討する必要があります。人手不足を解消するため、募集のハードルを下げて未経験可の求人掲載も多数見受けられますが、様々なスキルが必要になる職業なので、全くの未経験でバーテンダーとして働くということはハードルが高いのが現実です。
面接時は店舗の雰囲気、来店するお客様の傾向などを伝えた上で、求職者がその職場に適しているかをしっかりと確認することが必要です。

求職者の特徴、属性

求人に対し応募も多数あります。バーテンダーに応募する人の動機としては、「日本の酒文化発展に貢献したい」、「お酒が好きで知識と技術を極めていきたい」、「接客が好きで将来飲食業を開業したい」など様々です。

気をつけなくてはならないのは、バーテンダーに応募する人たちの中は、店の方針と違った、自分なりのバーテンダー像を持っているケースです。
採用する側としては店の雰囲気やお酒の種類、お客様にどのような接客をしているか、どういった特色があるのかを的確に伝えることが良い人材を求める際に大切になってきます。
また、バーテンダーになるには学歴や年齢は関係ありませんから、将来的に独立開業を夢見る求職者がいることも特徴でしょう。
求職者の中には就職先や仕事の幅も広がり、バーテンダーとしての自信にもつながることから、意欲的にバーテンダーの民間資格を取得している経験者もいます。
バーテンダーに対する熱意や想いは求職者によって様々ですから、採用側はしっかりと求職者の意思を確認する作業が必要になります。

採用のポイント

日頃の疲れを癒してもらい、お客様にお酒を楽しんでもらうことがバーの役目なので、人に奉仕することに無上の生きがいを感じるような、サービス精神旺盛な人を採用することを推奨します。
そのためにも、お客様に合わせてスムーズで楽しい会話ができるよう、高いコミュニケーション能力も必要となってきます。
また、清潔感も大切なポイントです。爪や髪の毛、服装などは特に気をつけて見ておきたいところです。

正社員や長期勤務を希望する場合、仕事内容をきちんと理解し、バーテンダーという仕事に対する将来的な展望を描いているかどうかを判断することも大切となります。
その上で、お店の雰囲気に合っている人柄かどうかも見るべきポイントでしょう。良い人材でも、お店の雰囲気に合わなければ、経営上マイナスになってしまいます。
アルバイトで募集する場合は、正社員を目指す方のため、正社員登用しているのかどうかをはっきりと明記しておくことが必要です。

最近は女性が一人でバーに行くことも増えているため、女性バーテンダーも注目されています。既にバーで活躍している女性のフレアバーテンダーもいるため、女性の求職者は増加傾向です。接客スキルの高い女性に対するニーズは、今後、高まっていくものと予想されます。
体力的な部分で心配する求職者も多いのですが、働き方や勤務時間の相談にきちんと応じて調整していけば、問題なく勤務することができるでしょう。

採用にあたっては、バーデンターとしての資質を備えていることを確認した上で、お店に相応しい人物になるかをしっかりと見極めておきましょう。

バーテンダーの仕事・業務内容

カウンターの中で、シェイカーを振って色とりどりのカクテルを作るバーテンダー。メインの仕事となるお酒をブレンドする技術ひとつとっても、シェイカーを振ったり、ビルドやステア、氷と一緒にミキサーにかけたりと、色々な技術をマスターすることが必要です。

カクテルはとても繊細な飲物で、お酒や果汁の一滴の分量、わずかな気温や湿度差でさえ味が変わってしまいます。また、お酒の種類は何百種類もあるので、作るための手順や分量など、実践で覚えることが大切です。ベテランのバーテンダーになると、同じ種類のカクテルでも、オリジナルブレンドへのこだわりもあるようです。お酒を微妙にブレンドして、お客様の好みに応じてカクテルを求められることもあります。

お酒の知識が豊富なお客様や、カクテルを作る様子を楽しみしているお客様のために、お酒の深い知識はもちろんのこと、ソフトドリンクやフルーツなど、カクテルの副材料の知識も必要となってきます。また、世間の話題や趣味の話を楽しみに来店されるお客様もいるため、お酒以外の幅広い一般的な教養も必須となってくるでしょう。一方で、会話を好まないお客様もいますから、どういった接客を望んでいるのかを、察することも必要となってきます。
また、常連客の名前や顔、好みや趣味などの基本的な情報は、必要に応じて覚えておくべきです。

このように、一見華やかなので憧れをもって安易に志望する人もいる職業ですが、幅広いお酒の知識やカクテルを作る技術、きめ細やかな接客、ホスピタリティ、一般教養など、幅広いスキルが求められる職業です。

職場は、高級ホテルに務めるバーテンダー、個人経営の店のバーテンダー、フランチャイズ企業のバーのバーテンダー、パフォーマンスを披露しつつお酒を提供するフレアバーテンダーなど様々あり、バーの在り方が多種多様になっていくに従って、バーテンダーの働く場所や働き方も多種多様に広がっています。
バーテンダーになるためには、特別な資格は必要なく、未経験者も活躍している業界です。しかし、一定の技術を証明する方法として、NBA(日本バーテンダー協会)主催のNBA検定試験があり、実務経験の長さによって受験資格が異なります。検定試験の他に、NBAが主催する全国バーテンダー技能競技大会もあり、技術を向上していく上で組織的な環境が整っています。
日本のバーテンダーは、世界的にも高い技術とサービスが評価されており、各地に名店が生まれ、名バーテンダーが数多く輩出されています。洗練された技術としなやかな接客は世界的にみてもトップクラスといわれています。

バーテンダーになるためには大きく分けて、2通りの方法があります。バーテンダーの専門学校や養成スクールに通い、技術を学んでからバーテンダーとして就職する方法と、実際に現場で働きつつバーテンダーとしての技術を学ぶ方法です。
どちらにしても最初は下積みから始めて、知識と技術を学んでいくことになります。バーテンダーとして働いている中で、お酒の知識を深めるための勉強は日々続きますし、カクテル作りのテクニックは、閉店後などに練習するケースが多いようです。
また、バーテンダーからソムリエの資格を取得して、活躍の幅をさらに広げる人もいます。

実際にサービスを利用したお客様の声

有限会社およべ様

いつも楽しませてくれる提案力。初の東京進出にもリクルートのネットワークで期待以上の応募効果が出ました。

おさ和風゛様

新しいスタッフとの繋がりで、これからの可能性の広がりを感じました。リクルートはそんな「可能性」という価値を提供してくれました。

スーツァンレストラン陳様

自然に醸成された担当者との信頼関係。成功の理由は、「伝えたい想いが求職者に伝わったから」だと思います。

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:30〜18:00(土日祝祭日を除く)

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:30〜18:00(土日祝祭日を除く)

入力1分!カンタンお問い合わせフォーム