• TOP
  • 製造求人

「製造・ライン」の
求人広告を掲載するなら、
リクルートの求人掲載サービス

製造求人に関する情報をご紹介します。

製造求人におすすめのサービス

アルバイト・パート採用

  • タウンワーク

    生活圏内で働きたい求職者と店舗様のより良い出会いを実現させる求人メディア

  • フロム・エー ナビ

    日本全国を網羅し、学生・フリーターを中心に幅広い層に利用されている求人メディア

正社員・契約社員採用

  • はたらいく

    「人となり」を知る事で求職者とのジャストフィットを実現させる地域密着型の求人・転職情報サイト

  • タウンワーク社員

    「地元で社員として働きたい読者」と「地元で社員を採用したい企業」をつなぐ求人メディア

  • とらばーゆ

    女性が「次の自分」を見つけ、楽しく働き続けていくことを応援する女性のための転職・求人サイト!

採用動向

製造業の求人はハローワークや求人情報サイト、求人情報誌などに多く掲載され、派遣での求人募集も多くなってきています。製造業は工場勤務として採用するケースが多いことが特徴です。近年は、日本国内での業績の悪化や営業不振などで、生産コストの低減をするため海外に工場を置くケースが増えています。そのため、英会話などのスキルがプラスとみられる傾向にあります。

自動車メーカーの好業績が大きな影響力となり、自動車製造がけん引する形で製造業全体の新規求人の増加率が上がっています(厚生労働省「職業安定業務統計」)。具体的に見ると、平成14年から18年までが年率換算で6.2%だったところ、平成21年から26年までが年率換算で10.9%と上昇傾向で推移しています。自動車部品などのメーカーだけではなく、総合電機メーカーなどでも求人が増えており、最新の技術に対応できる技術者は好待遇で迎えられる傾向です。
半導体メーカーではリストラの動きはひと段落し、景気回復の兆しが見えてきていますが、求人数はいまだに少なく転職においても厳しさはこれまでとほとんど変化がありません。早期退職制度などで会社を離れた中年の半導体エンジニアが未だに求職している状態で、採用枠はすぐに埋まってしまうことが多いです。
近年は韓国企業や中国企業などの海外メーカーで、日本人技術者の採用を強化しており、条件面でも良いため、国内ではなく海外へ就職する技術者も少なくありません。

新卒など若年層の採用にあたっては、充実した教育・研修システムを整備して打ち出していきましょう。また経験者においては、他から声がかかっていることを前提に、細かく待遇面について話し合っていくことが必要です。

求職者の特徴、属性

製造業の中でも様々な職種があり、製品製造現場の作業員、エンジニア、製品を売り込む営業、総務・経理などの事務、顧客の技術サポート員、経営企画など多岐にわたりますが、製造業界全てにおいて言えることは、働いている従業員の男女比率は男性が圧倒的に多く、また求職者においても男性が圧倒的に多いということです。平成25年総務省統計局の労働力調査によると、製造業者全体で女性の就業割合は11.4%となっています。
これは、事務等の業務が減ったことに加え、製造業全体が重労働、長時間、地味な仕事といったイメージが強く、また、業種によっては危険な作業を伴う場合もあることから、女性の求職者が少ない原因になっています。
製造業は、平成25年総務省統計局の労働力調査では非正規雇用の割合が30%ほどを占めています。
重い物の移動や技術系などの作業が多くなる現場には、特に男性の求職者が多くなっています。外観チェックやラベル貼り、梱包などの軽作業では資格や経験が不要なこともあり、日雇い労働や女性、高齢者の求職者が多くなるのも特徴です。女性を採用する場合は、家庭との両立をかかえることも多いので、仕事の多様性や、勤務形態の融通の利きやすさなどをアピールしていくことが大事です。
工業系の学校を卒業した人は資格を多数持っていることが多く、そういった人たちは新卒で製造業界に入ることが多い傾向にあります。
派遣やアルバイトなどは時給の相場が高く、派遣やアルバイトを選ぶ求職者も少なくありません。
資格を持つ求職者に対しては積極的に給与面についてアプローチをかけることが効果的です。

リクルートワークス研究所の資料(大卒求人倍率調査・2017年卒)によると、新卒での求職者が近年増えてきています。新卒者は社会人経験がないため、会社で育てていくという意識が大切です。会社に合う人材で、将来的にどこの部署に最適な人材であるか見極めることが採用するにあたり重要なポイントとなってきます。

採用のポイント

現場では派遣やアルバイトなどの非正規雇用も多くなってきますが、正社員や非正規社員にかかわらず、長く勤めてもらうことによって仕事の精度が高まり仕事の幅も広がっていきます。自社の業務内容についてどれだけ理解しているか、技術を身に付けたいという向上心があるか、どれだけ強い入社意思があるのかを確認します。

コミュニケーション力や協調性も採用のポイントになります。
黙々と作業をすることを望む求職者が少なくはありません。しかし、業務の引き継ぎなど、必要事項を連絡する場面ではコミュニケーションが必要となり、不測の事態が起きた時にもしっかりと報告ができることが求められます。また、職場のスタッフとスムーズに仕事を進めていく協調性があることは、安全で効率的に仕事をする上でとても重要なことです。さらに、一歩間違うと大きな怪我が発生してしまう仕事もあるため、人材を選ぶときは注意力や集中力をみることも必要です。
従業員の長年の経験や技術は、より良い製品を製造するために大切です。採用側は、やりがいのある仕事、働きやすい職場環境を整備することで、優秀な人材の定着へとつながるでしょう。

製造の仕事・業務内容

製造業(メーカー)の仕事は、主に企業の生産工場で行われる製品などの加工や組み立てをする業務です。生産計画に基づいたライン作業が中心となり、効率的に均一な製品を作り上げていきます。完成した製品は合格基準に合致しているか検査をし、問題の無い製品から包装・梱包し出荷します。

製造業は多種多様な業種が存在し、製造されている製品も食品から電気機器など様々です。衣食住にかかわる身近な産業である惣菜や弁当、加工食品などを作る食品製造業、ビールやジュースなどを作る飲料製造業、衣料品などを作る繊維工業、家具や住宅に必要な木材を扱う木製品・家具製造業などが挙げられます。また、紙やパルプ製品を扱うパルプ・紙・紙加工品製造業は、産業活動や家庭生活の下支えをしています。原料を化学反応によって加工する化学工業は、医薬品や化粧品なども製造しています。また、大量生産・大量消費の時代に登場し石油を精製したり、石油を原料に製品を作る石油製品製造業は、戦後急速に発展した産業です。この他にも、土木・建築・自動車・鉄道・電気機械・造船などのインフラに欠かせない鉄鋼業や、アルミニウムや銅など鉄以外の金属を使って生産する非鉄金属製造業、近年は、電気機械や情報通信機械などに組み込まれる半導体や電子管、電子モーターなどを作る電子部品・デバイス・電子回路製造業なども生活に欠かせなくなっています。

製造業の工場ラインでの仕事は多くがマニュアル化されており、未経験者でも働きやすいといわれる理由の一つです。機械の操作や、検品などの品質管理、配送する際の梱包作業や、フォークリフトでの運搬作業などが主な仕事です。ライン作業によって部品を組み立て加工し製品を完成させる仕事は細かい作業が多く、手先の器用さや集中力、注意力が必要です。

製造業には様々な仕事があるので、必要な資格も仕事によって変わってきます。
例えば、電気設備関連の工場であれば、工場・ビルなどの受電設備や配線などに従事する電気主任技術者、電気工事士の資格保持者が必要です。ガソリンなどの石油類や金属粉など燃焼性の高い危険物を取り扱う工場や、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク施設では、危険物を取り扱うために危険物取扱者(甲種、乙種、丙種 )の資格が必要です。この他にも、高圧ガス製造保安責任者、エネルギー管理士、安全衛生の部署であれば衛生管理者、荷物の運搬をするのであればフォークリフト、玉掛け、クレーン運転士などの資格が必要になります。

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:30〜18:00(土日祝祭日を除く)

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:30〜18:00(土日祝祭日を除く)

入力1分!カンタンお問い合わせフォーム