派遣社員の基礎知識【派遣社員の種類】

派遣社員の種類は「一般派遣」「特定派遣」「紹介予定派遣」の三つです。

一般派遣
派遣会社と雇用契約を締結している派遣社員が就業する形態で、人材派遣ではこの形態が一般的です。「派遣社員」と呼ばれるのはこの「一般派遣」を指します。
派遣スタッフは派遣会社と雇用関係を結びます。最初に派遣会社の登録スタッフとなり、その後、派遣会社に求人依頼をしたクライアント先(派遣先企業)が紹介されます。就業先が決まった時点から雇用関係がスタートし、派遣契約の結ばれている期間のみ雇用が成り立ちます。
紹介予定派遣
派遣期間を終了した後に派遣スタッフと派遣先企業が合意した場合、派遣先の会社と直接雇用(正社員・契約社員)の関係になることを前提とした派遣形態です。
派遣期間中の派遣社員は派遣元会社との雇用関係ですが、派遣期間終了後は派遣先で雇用されます。
ただし、派遣契約終了後、必ず直接雇用しなければならないわけではなく、派遣社員も直接雇用されることを拒むことができます。
紹介予定派遣の際は最大6か月派遣社員として就業します。
特定派遣
常用型派遣として、派遣会社と雇用契約を締結している社員が、別の職場に派遣される形態です。
登録スタッフが派遣される一般派遣とは異なり、派遣会社の従業員として既に雇用されている状態で、派遣されていないときでも派遣会社から給与を得ています。
派遣期間の制限

派遣期間の制限については一般的に「3年ルール」と呼ばれ、改正労働者派遣法(平成27年)において、以下のように定められています。

① 派遣先事業所単位の期間制限
同一の派遣先の事業所に対し派遣できる期間は原則3年が限度となります。
派遣先が3年を超えて受け入れようとする場合は、派遣先の過半数労働組合等からの意見を聴く必要があります(1回の意見聴取で延長できる期間は3年まで)
② 派遣労働者個人単位の期間制限
同一の派遣労働者を派遣先の事業所における同一の組織単位(※)において受け入れることができる期間は3年が限度となります。(※ いわゆる「課」などを想定) ただし、例外として以下は期間制限の対象外となります。
  • ・派遣元で無期雇用されている派遣労働者
  • ・60歳以上の派遣労働者

(詳細は厚生労働省のサイトをご覧ください。)

その他の基礎知識

派遣社員採用TOPへ戻る

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)