派遣社員の基礎知識【定着率を上げるポイント】

派遣先企業
派遣社員の場合、契約更新で引き続き就業してもらいたい場合でも拒否されるケースがあります。理由として多いのが「仕事内容が思っていた内容ではなかった」ということです。
こうした理由での契約更新拒否を防ぐため、派遣契約締結前に業務内容をしっかり派遣会社の担当者へ説明し、対象の派遣社員と合意を得ておいてもらうことが必要です。
また、就業後も垣根を作らない、コミュニケーションを密にとるなど、働きやすい職場環境づくりも重要です。
派遣元企業(人材派遣会社)
安定して継続的に仕事を紹介できることはもちろんですが、仕事の内容や就業時間、場所、契約更新の可能性など、事前にしっかりと説明し最適なマッチングを行うことが重要です。また、就業中のケア、福利厚生やスキルアップ研修などのサポート体制充実も大切です。

なぜ離職するのかという原因をしっかり把握しておかなければ原因に応じた対策も打てません。
離職する方へのヒアリングはもちろん、就業中の社員への職場満足度調査や意見が言いやすい風通しのよい職場環境づくりなども大切です。

その他の基礎知識

派遣社員採用TOPへ戻る

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)