アルバイト・パート採用の基礎知識【定着率を上げるポイント】

離職理由として多いのは「仕事内容が思っていた内容ではなかった」ということです。

厚生労働省の平成26年雇用動向調査結果による離職理由

  1. 仕事の内容に興味が持てなかった:男6.0%、女5.9%
  2. 能力・個性・資格が生かせなかった:男5.1%、女4.1%
  3. 労働時間・休日等の労働条件が悪かった:男10.5%、女13.5%

こうした理由での離職を防ぐため、採用の段階から業務内容や労働条件などをしっかり説明して合意を得ておくことが大切です。
また、仕事に対して意欲的かどうかを判断するポイントとして、「採用されたらどのように働きたいか」「自分の強みをどのように活かしていくか」と面接で質問するのも良いでしょう。業務に対して意欲的かを判断するポイントともなりえます。
求職者にとって「勤務先まで歩いていける距離」や「自転車で通える範囲」などの点は大変魅力的な条件となります。
小さい子どもがいる主婦にとっては自宅近くで働くことができれば、子どもの突発的な病気などにもすぐに対応することができるため、極めて有効です。

働きやすい環境であれば長期就業しやすくなります。経験値が上がり業務の品質や効率の向上が期待できることはもちろん、欠員補充時の募集や採用、新人への再教育などの研修時間やコストを抑えることができます。

その他の基礎知識

アルバイト・パート採用TOPへ戻る

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

求人掲載のお問い合わせはこちらから

メール・チャット24時間対応