第24回アンケート結果 約7割が年末年始に人材対策を行う

年末年始に繁忙期対策を行いますか?

アンケート実施期間:2017年12月8日(金)~2017年12月14日(木)有効回答数:309名 対象:弊社メルマガ会員

アンケート結果より

年末年始はサービス・飲食業を中心とした刈入れ時である一方、スタッフの帰省や旅行などにより一時的な人材不足期間にもなりやすい時期です。そのような時期に繁忙期対策を行うかアンケートしたところ「短期スタッフを募集する」が約4割、次いで「今いるスタッフの勤務時間を増やす」が約3割。他からのヘルプも含めると約7割の方が何かしら対策を行うとの結果になりました。業種別にみると、人材サービス業は短期スタッフの募集を、飲食業は今いるスタッフの勤務時間を増やすの回答が多い結果となりました。
人材募集~採用、そして独り立ちするまでにはある程度の時間が必要となり、急なシフトの穴を埋めるのは難しいケースも多いと思います。人材が少なくなる時期を先にヒアリングしておくなど、中長期的なシフト管理も必要かもしれませんね。
※情報通信業、金融・保険・不動産業、北陸・甲信越は回答数20未満のため除く

(編集部)

関連リンク

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

メール・チャット24時間対応