第7回アンケート結果

人材確保のために最も力を入れていることは?

アンケート実施期間:2017年3月3日(金)~2017年3月10日(金)有効回答数:441名 対象:弊社メルマガ会員

アンケート結果より

「採用基準の引き下げ」と回答した方が最も多く約半数の結果となりました。その中でも人材サービス業、製造業・建設業の回答率が高くなっていました。ついで、「時給などの待遇を改善」と回答した方は全体の約2割であり、こちらは人材サービス業・飲食業の回答率が高く見られました。
採用基準の見直しで応募ハードルを下げたり、待遇を改善することで他社より魅力的な採用条件にしたりと、各企業で様々な取り組みが行われているようです。
(補足)情報通信業、金融・保険・不動産業は回答数が30未満と少ない結果です。

(編集部)

関連リンク

◇一人ひとりのチカラをパズルのように組み合わせる『パズワク(パズルワーク)』※2017年の「トレンド予測」発表会より

◇求職者アンケート調査のフリーアンサー回答の結果、仕事探しをする時の不満として「応募資格」に関する回答が多数。

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

メール・チャット24時間対応