派遣社員の基礎知識【採用のポイント】

派遣登録スタッフ採用

どのような派遣先にも対応できる協調性を兼ね備えているかどうかは面接時の受け答えである程度見極めることができます。今までチームで協力し目標達成できた取り組みやその工夫方法など、協調性を判断するための質問も何パターンか用意しておくとよいでしょう。
協調性を判断するための質問も何パターンか用意しておくとよいでしょう。

また、ビジネスマナーがあるかどうかもポイントです。
スムーズに業務を遂行することができ、派遣会社や派遣社員の信頼につながるだけでなく、派遣会社そのものの評価が上がり案件継続に結び付いていきます。きちんと目をあわせて受け答えができるか、服装や言葉遣いは節度があるかなど、社会人として求められる最低限のビジネスマナーがあるかどうかが採用におけるポイントです。

紹介予定派遣などの直接雇用
直接雇用(正社員・契約社員)を前提とし、紹介予定派遣を利用する場合は契約期間中(最大6か月)に社員としての適性を見極めることが可能です。
仕事に必要なスキルはもちろん、協調性・コミュニケーション能力などを含めた総合評価を行うことが大切です。
また、派遣社員の側から直接雇用を拒まれる場合もありますので、派遣契約締結時に提示した直接雇用後の業務内容・労働条件などに加え、求める役割や責任、事業方針や会社風土などをしっかりと説明しておき、誤解や理解不足が生じないようにしておくことも必要です。

その他の基礎知識

派遣社員採用TOPへ戻る

掲載・資料請求・ご質問など、お気軽にお問い合わせください無料

リクルートお客様サービスセンター

0120-17-4649

電話受付時間9:00〜18:00(土日祝祭日を除く)